WCEX Widget CartWCEX Widget Cart

  • 只今、カートに商品はございません。
    (カゴの商品数:0種類、合計数:0)

いっきゃくづくりワークショップ in 新家

2017/10/14 カテゴリー : | イベント | ニュース | 一般財団法人さなごうち

未来に引き継がれる田舎の腰掛/作業台

田舎の椅子「いっきゃく」を作るワークショップが、村の地域活動団体「宮前笑会」の協力のもと開催されました。

いっきゃくとは?

「いっきゃく」とは、田舎の多くの家庭にあり、農作業の合間に腰を下ろしたり、小物を置いたり簡単な作業をする長方形の台のようなものです。よく何人かの人が腰をかけて団らんと話をしている姿を思い出します^^ 一見シンプルそうに見えてしっかりしたつくりをしていて、1から作るには大工さんの専門技術が必要です。

力を合わせ出来上がるいっきゃく

いっきゃくの各パーツは、釘をほとんど使わず組み立てられます。今回はワークショップ用に、しっかりパーツを作り、比較的簡単に組み立てられるようにしています。

一級建築士の移住者、髙橋さんが宮前笑会で、現在のお住まいの大家さんの岩田さんと作業する様子。

着々と作業が進んでいます。

作業の後は・・・

夕食は、村の郷土料理「いり飯」と、徳島県の郷土料理「そば米汁」。

座ったり、お皿を置いたり・・・そこにあれば、自由気ままに使える存在。それがいっきゃくです!皆さんお疲れ様でした!^^

一脚づくりの様子を動画で観る